ビジネスバッグ、40代男性が選ぶべきものは?!

40代男性は、ビジネスマンとして正に企業内でも働き盛りであると共に、役職も付き、一定の風格も求められる年代と言えます。この40代のビジネスマンにとって最適なビジネスバッグの選び方について考えたいと思います。

まずビジネスバッグを選ぶポイントは、

バッグとしての実用性と40代にとって最適な品格を併せ持つ

と言うポイントと言えます。

革製の品格あるバッグの代表としては、やはりダレスバッグが挙げられます。ダレスバッグは、ガッシリとした形状で、書類等を収納するのに最適ですし、底が平らで何かある時には地面に置いても安定して倒れる事がない点がビジネスバッグとしての実用性も十分で、いつの時代にも人気があります。しかし、カジュアル性がない点から、少し堅苦しく見られる事が難点と言えます。

 

また同様に人気のあるのが、クラシックデザインのブリーフケースです。このタイプは肩ひもを付けられるものも多く、ダレスバッグに比較して堅苦しさが少なく、肩書等に関係なく40代のビジネスマンに幅広く使用できるタイプと言えるでしょう。クラシックデザインのブリーフケースやダレスバッグは、ハード皮革のバッグで、詰め込み過ぎると型崩れを生じ易く、パソコン等を携帯する場合、そのバッグの厚み等、収納力を十分に考えて選ぶ事が重要です。

さらに、柔らかい革製のビジネスバッグとして、スクエアータイプのブリーフケースは、堅苦しさが全くなく、軽い点が特長です。しかし、形ががっしりとしていない分、床に置いた場合に自立しないものが多く、その点が欠点と言えるでしょう。

実用性では、ナイロン製や布製の格安なブリーフケース等も市販されていますが、バッグは実用性と合わせてビジネスマンにとっては、お洒落アイテムの側面もあり、40代ともなれば実用性のみではなく、それなりに品格ある革のビジネスバッグを選ぶべきでしょう。

また先に記載した3タイプのビジネスバッグから、自分の肩書や収納物の多寡等を考え、それなりの品位と実用性を併せ持つビジネスバッグを選ぶと良いでしょう。

 

公開日: